DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

マーニャ

TOP > 不死鳥と大地の命動

f:id:InvokeTwoA:20181007175017p:plain

入手法

  • 不死鳥と大地の命動占い師のレジェンドカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 3000
  • 分解すると700の錬金石が手に入る。プレミア版ならば2400の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) モンバーバラの踊り子。ミネアの姉でカジノや宝石に目が無い享楽家。しかし非業の運命にあらがう芯の強さを持つ。
フレーバーテキスト(プレミアム) き匂う 踊りの鍛
き返る舞台 輝く黄
銀の扇と 炎の魔
滅ぼす物は 反面教
に 虹に はしゃぐ
カード元ネタ情報 【マーニャ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
cv 沢城みゆき

カード情報2

  • ドラゴンクエスト4の人気踊り子
  • 占い師のミネアの姉でもある(よく誤解されるが双子ではない)
  • 原作を再現し、彼女の代名詞とも言えるドラゴラムの能力が付与されている
  • プレミアムのフレーバーテキストは非常に凝っている
  • 左側の文字を縦読みすれば声優さんの名前が出ている事は他のレジェンドカードと一緒だが、このカードの場合は右側の文字を縦読みしても「錬金術師、娘」と原作の情報が書かれている

カード評価

  • 6/4/4 冒険者
  • しかし召喚時にデッキトップがコスト4以上のカードだった場合、ドラゴラムで竜化し 6/6/6 ターン終了時4点ブレスのドラゴンとなる
  • コスト4以下の場合はそのカードを0コストにできる
  • コスト4ぴったしのカードがデッキトップだった場合、なんとそのカードをコスト0にして手札に加え更にドラゴラムが発動する
  • タロットシャッフル」や「クロウズ」などでデッキトップを操作した場合、狙って両方の能力を発動できるため非常に強力
  • まずコスト4以下のカードがデッキトップだった場合、例えば「メラゴースト」などの1コストカードを引いた場合は若干の裏目となる
  • それでも実質 6/4/4(冒険者) + 1/1/1 を同時召喚なのでそこまでカードパワーが低いわけでもないが……
  • コスト5以上のドラゴラムは、召喚したターンの終了時にすぐブレス4点ダメージを出せるのが魅力的
  • どの列に攻撃が行くのはランダムだが、反撃を受けずに4点が(リーダーにも)飛ぶのは対戦相手にとって非常に脅威となるだろう
  • 自身のユニットを「ふういん」する手段があれば、ドラゴラム化したマーニャが攻撃する事も可能。当然ブレスは吐けなくなるが
  • また、「ドラゴンミネア」ならば「バルンバ」により「におうだち」を付与できるため、大型スタッツを有効活用しやすい
  • ただしデッキ内や手札にある限りこのカードは「冒険者」カードであり、「いっかく竜」などからのドラゴン系ユニットのサーチ対象にならないことに注意
  • 当然「ブラックドラゴン」のドラゴン系参照の数にもカウントされない。もちろんドラゴラム化した後ならば参照されるが
  • エビルマスター」のサーチ対象にならない。そのため「オルゴ・デミーラ」を確定サーチしたいときなどに役に立つ
  • 当然ながらデッキトップからコスト4のカードを持ってくる事を狙いたいので、デッキ編成でコスト4のカードを意識して積んでおきたい
  • パワーカードではあるが、ランダム性がある事とコンボ要素も含むので使い手を選ぶ
  • 扱うのが難しい上級者向けのカードと言えるだろう

闘技場での評価

  • 優秀なレジェンドだがギャンブル性が高く安定はしない
  • 「デッキトップ操作を可能とするカード」「コスト4のカード」を一定数取れていれば採用しても良い

シナジー、コンボ

  • ラヴィエル」: マーニャを再び手札に戻し、再び強力な召喚時能力を発動できる。デッキの美女率が大幅に上がる
  • タロットシャッフル」+「コスト4のカード」:狙ってコスト4のカード効果を発動できる(ドラゴラム+コスト0)

使われるデッキ

  • あらゆるデッキ全般

パッチ修正

  • なし

セリフなど

ドラプロGAME様がまとめ動画をあげてくださりました。
youtu.be

ミネアでこのカードを使うと姉妹セリフが優先されてしまうため、
VSドラクエ4勢との掛け合いが聞きたい場合はデボラなどを用いて他リーダーでこのカードを使用する必要がある。

ピサロを良い男呼ばわりしているが、いつからそんな気軽な仲に……ある意味彼女らしいが

記事更新履歴

2018/12/20 フレーバーテキスト(プレミアム版)を追記
2018/10/7 記事掲載