DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

ブルホーク

TOP > 勇気の英雄譚

f:id:InvokeTwoA:20181110215033p:plain

入手法

  • 勇気の英雄譚占い師のレアカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 200
  • 分解すると40の錬金石が手に入る。プレミア版ならば140の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) 一目でわかるほど両足の筋肉が発達した恐るべきトリの魔物。くちばしを突き出して猛ダッシュしてくる。
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【ブルホーク】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • 「あばれうしどり」の色違い
  • 「あばれうしどり」と同じく占い師専用のユニットとなっている
  • 「あばれうしどり」は持ち前の突進攻撃が原作再現されていたが、このブルホークは特に原作とは原型のない能力となっている

カード評価

  • 3/3/2
  • 占い1では、自分のデッキから占いカードを1枚手札に加えるという能力
  • この場合、3/3/2 + 1ドロー(ある程度推測の効くドロー)となり、中々にコスパが良い
  • 3/2/2 で確定サーチの「エビルマスター」と比べて攻撃力が1大きい
  • もしデッキに占いカードが一つもなかった場合、何も起きないので注意(テンションスキル「水晶占い」と違い、「審判のタロット」を取ってきたりはしない)
  • 占い2ではテンションを2あげる能力
  • 占い師ではテンションをあげる行動は重要なため、テンションを2あげる効果は非常に強い
  • 参考までに魔剣士の専用カードで 3/2/3 でテンションを2上げる「とげこんぼう」がいる
  • テンションを2あげる行為はMP2分に相当するので、「1/3/2 + テンション2」が内蔵されていると考えると破格のスタッツ
  • ↑とはいえ後半になるほど HP2 はうち取りやすくなるが
  • このようにどちらの占い効果がきてもコストパフォーマンスは非常に良いカード
  • 超必中状態で使用したならば尚良い
  • 占いカードでありながらユニットでもあるので、超必中状態の時に使用するとバリューが高く、またテンションスキルによる特技サーチの邪魔をしないというのは大きな利点
  • 2T目に「銀のタロット」か「クロウズ」を使用していれば 3T目最速に必中モードで使用することも可能
  • 問題は占い師ではコスト3枠は強カード揃いの激戦区であること
  • レジェンドカードの「ロウ
  • もう一つの「銀のタロット」とも呼ばれる「シャイニング
  • そして強力な防御ユニットである「バルンバ
  • これらのユニットとコスト3枠の採用枠をよく考えた上で採用を検討したい

闘技場での評価

  • どちらの占い効果がきてもそれなりに強力
  • しかし闘技場では占いカードを引くこと自体が大きな不安材料。そして占い1の効果を活かすには一定数の占いカードを採用している必要がある
  • 決まれば強力なカードだが、闘技場では不安定感は否めない

シナジー、コンボ

  • なし

使われるデッキ

  • 占いミネア

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2018/11/21 フレーバーテキストを追記
2018/11/21 記事掲載