DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

オルテガ

TOP > そして伝説は高らかに

f:id:InvokeTwoA:20201114201214p:plain

物語上とっても重要なオルテガさんがついに参戦。
パンツマスクおじさんのネタでも有名。

運営が冒険者+貫通テリーを激推ししている事はよく分かる。

入手法

  • そして伝説は高らかにの戦士のレジェンドカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 3000
  • 分解すると700の錬金石が手に入る。プレミア版ならば2400の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) 勇者の使命を果たすため数多の苦難を乗り越え魔王の喉元へと迫る。自らが倒れるその時まで咆哮をあげて立ち向かう。
フレーバーテキスト(プレミアム) した命を魔王討伐に捧げ
まれたばかりの子を残し
上の果てまで旅に出た。
く世界に足跡を残した
代の勇者。

オルテガ |

カード元ネタ情報 【オルテガ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
cv 東地宏樹

カード情報2

f:id:InvokeTwoA:20201102014404p:plain:w200

  • ドラクエ3の勇者の父親
  • ベジータ型のツンツンヘアーに親子の血を感じる
  • ファミコン版ドラクエでは容量の都合から、なんと「カンダタ」と同じグラフィックだった
  • そのためパンツマスクなどの様々な異名を欲しいままにした
  • また、本編の謎解きをせずに、各地にある鍵も取らずにラストダンジョンまでたどり着いた事(海を泳いで渡ったと言われている)も4コマ劇場でネタにされたりしている
  • 豊富なネタを合わせ持ちながら、作中屈指の感動シーンもあったりする重要人物
  • 死亡時効果のあたりが原作再現かと思うとうまい再現

カード評価

  • 3/3/3 貫通+冒険者
  • しかも死亡時に冒険者をサーチしてコスト-1してくれる
  • 複数の能力を持つ、かなり汎用性の高い冒険者となっている
  • 特に手札が切れやすい戦士デッキにとって、1ドロー&コスト軽減は非常にありがたい
f:id:InvokeTwoA:20201111135044j:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20191118170458j:plain:w200

また、「夢占い師ミレーユ」「ファーリス王子」などの強力な冒険者をサーチできる点がありがたい

ついにできるか、貫通+冒険者テリー
f:id:InvokeTwoA:20200211233327p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20201012212457p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20200211233553p:plain:w200
  • 何度もシナジーカードが追加されたがいまだに環境入りしていない「貫通テリー」
  • さらに最近は「ローシュ」の追加などから「貫通冒険者テリー」も期待されるデッキとなっている
  • 肝心の貫通シナジーが少ない事がいまだに懸念点だが、きっとこの後もカードが色々追加されるはず
f:id:InvokeTwoA:20200501010018p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20200423184404p:plain:w200
  • 他にも「ギュメイ将軍」や「たこやり兵」など単体で強い貫通ユニットは多いので、あとは貫通シナジーさえ追加されればワンチャン
  • うまく貫通で2体撃破できるようなシナジーがあればアドも高いのだが
冒険者デッキでも期待
f:id:InvokeTwoA:20201102014404p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20201105133559p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20191118170458j:plain:w200
  • オルテガの死亡時冒険者サーチのおかげで、手札の冒険者を尽きさせない運用も可能
  • 冒険者をポイポイ出すほど強い、「伝説の勇者」デッキでの活躍も期待できる
  • とはいえ手札が尽きやすい戦士では現状では伝説デッキはそこまでメジャーではない

総評

  • 現状では「レックテリー」などで「夢占い師ミレーユ」「ファーリス王子」などと共に採用される事が多い
  • また、公式が何度も冒険者貫通軍団を推してる印象があるので、今後もシナジー追加が期待できる、かもしれない

使われるデッキ

  • レックテリー

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2020/12/6 フレーバーテキスト追記。記事更新
2020/11/ 記事掲載