DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

フウラ

TOP > 破壊と創造のフロンティア

f:id:InvokeTwoA:20200211231901p:plain

ドラクエ10より、可愛い枠で参戦。
いつかブスゴンとかも登場するのだろうか。
↑同じカードパックで登場した!

入手法

  • 破壊と創造のフロンティア占い師のレジェンドカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 3000
  • 分解すると700の錬金石が手に入る。プレミア版ならば2400の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル)
フレーバーテキスト(プレミアム) 羽の矢が立ち 神具たる
装を入手すべく
練に挑むエルフの少女。
のうららかな風を運び
ムシカに乗って翔る。
カード元ネタ情報 【フウラ】 - DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*
cv 白石晴香

※DQ10コラボから様、情報提供ありがとうございます

カード情報2

  • DQ10に登場するキャラクター
  • 特にエルフスタートの人には馴染みが深いキャラ
  • これで実装されてない種族はドワーフのみか。ドワーフはダストンが好きなので、ダストン来てくれ
  • ↑その後、「 怪盗ポイックリン」登場。やったぜ

セリフなど

ドラプロGAME様がまとめてくださいました。


カード評価

  • 3/2/3 のテンポロスなスタッツ
  • ↑スタッツは2コスト相当
  • 召喚時に手札を全てデッキに戻し、+1した枚数で補充するというシャッフル能力を持つ
  • シャッフルなので手札が良くなるか悪くなるかは運が絡む
  • ↑戻した手札を再び引いてしまう可能性も当然ある
  • ↑しかし元の手札枚数+1になるので、手札が良くなる期待値は高い
  • ↑対応力が高いミネアは手札の枚数=強さになりがちなので、結果として手札枚数が増える恩恵は大きい
  • 既に自分の手札が良い時は手札が弱くなる危険性があるため、基本的に手札が弱い時(その局面に合わない時)に使っていきたい能力
  • 召喚時能力は優秀だが、スタッツは低く場に出た後は特に能力は持たないため対戦相手にプレッシャーはかけにくい
問題はソロクロウズ構成
f:id:InvokeTwoA:20181117010802p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20181117021224p:plain:w200
  • ミネアの場合、(特に「占いミネア」では)ソロクロウズ構成が鉄板
  • その場合、確実に「クロウズ」を確定サーチするため冒険者の採用は2枚に限定される事が多い
  • ↑他の冒険者カードを差し置いてまで採用する理由が必要となるため、採用の敷居はなかなか高い
  • 必中状態になる恩恵が比較的少ない(一部の)偶数ミネアデッキもあるが、残念ながらフウラは奇数コストなため偶数デッキとは相容れない
  • 攻撃力が2以下なので「セレン」や「リゼロッタ&ルコリア」とはシナジーが無くもないが、前述したとおり召喚後はバニラユニットに等しいのでこのカードを強化する恩恵は少ない
  • 冒険者マシマシの「勇者姫アンルシア」デッキで起用するのも楽しいが、必中状態に確実になれない不安定さからあまり環境では見ないデッキ
ヘラクレイザー」とのコンボ

f:id:InvokeTwoA:20200211232005p:plain:w200

  • フウラ」はデッキ総数を減らす事なく(手札枚数によっては)大量ドローを見込めるので、大ダメージコンボが期待できる
  • 「フウラ」による大量ドローで「ヘラクレイザー」がピョンピョン跳ねる光景はとても面白いので必見
  • ちなみに「フウラ」を「魂の写し身」でコピーできたら中々のロマンコンボができるが、「フウラ」と「魂の写し見」が同時に手札にきても「フウラ」を召喚すると手札をデッキに戻してしまう
  • ↑そのため狙って「魂の写し身」でコピーするのはなかなか難しい
総評
  • 独自性が高く面白い能力のカード
  • ドローをダメージに変える「ヘラクレイザー」コンボや、長期戦でハンドシャッフル目的で採用される

闘技場での評価

  • 闘技場ではデッキがヘンテコになりがちなので、手札枚数=強さとは言い難い
  • 逆にデッキが不安定だからこそシャッフルが活きる面もあるが…… スタッツ至高の闘技場では不安定感は否めない

使われるデッキ

パッチ修正

  • なし

記事更新履歴

2020/4/16 フレーバーテキスト(プレミアム)を追記
2020/4/1 記事更新。ボイス動画追記
2020/2/4 記事掲載