DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

パラサキス

TOP > 破壊と創造のフロンティア

f:id:InvokeTwoA:20200326092824p:plain

新カード公開時、このサイトで最も騒がれたカード。
無限の可能性を持つが、果たして激ヤバカードなのかロマンカードなのか。

↑案の定やばい奴でナーフされてしまった。

入手法

  • 破壊と創造のフロンティアの共通のレアカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 200
  • 分解すると40の錬金石が手に入る。プレミア版ならば140の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) ぎょろぎょろ大きな目玉で威嚇してくる魔物。常に充血しているように見えるため他の魔物から睡眠不足を心配される。
フレーバーテキスト(プレミアム) 超巨大な魔物の体内にひそみ群れて棲みつく。主から栄養を奪いつつ体内環境を良好に保つギブアンドテイクな魔物。
カード元ネタ情報 【パラサキス】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • あくまのめだま」系モンスター
  • よく魔王サイドの偉い人がこの目を通して「**がやられたか」と呟くためのカメラ役
  • なんでこの能力で再現されたのか、管理人は分かりませんでした
  • フレーバーテキストがどちらも面白い

カード評価(事前評価)

  • 1/1/1 のか弱いスタッツ
  • 召喚時能力なので召喚ターン限定だが、特技をコピーしてデッキに入れるという独自性の高い能力を持つ
  • しかも共通カードなので、様々なコンボが想像できるカード
  • ただし0コスト特技はコピーできないので、「メラ」や「コイン」などはコピーできない
  • あくまでコピーした特技はデッキに戻るので、再利用するには再びそのカードをデッキからドローしなければならないので注意
  • ちなみにゾンビ系なので、ゾンビシナジーも使える
  • また、紛らわしいが「特技をコピーする能力をパラサキスが得る」ため、パラサキスが「痛みわけの杖」などで死亡するとそのターンはもう特技をコピーできなくなるので注意
強力特技を使いまくり
f:id:InvokeTwoA:20190809150604p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20190809161643p:plain:w200
  • 交換所からしか取れない高バリューな貴重品を使いまわせる
  • 例えばテリーの「ドラゴンシールド」など、明らかにコピーできてはいけないカードまでコピーできてしまう
  • しかも「ドラゴンシールド」を使えばそのターンは「パラサキス」自身もほぼ生存させられるという保証付き
  • おかげで延々と「ドラゴンシールド」を使い、「パラサキス」と自身を守り続ける無敵デッキで使われたりもする
  • ↑強すぎてナーフされたため、このコンボは実現不可能となった
  • 他にはククールの「しんぴのよろい」など無限回復のロマン
  • 後はピサロで「エビルプリースト」で変身後の魔王デッキのカードコピーが強いが、そもそも変身した時点で既に強いのでパワー過剰感は否めない。ロマンコンボ
  • 他にもミネアで「教皇のタロット」をコピーし続けて一部のデッキに対して鉄壁な防御をするなどが可能
  • マスターズ環境のミネアならば「つむじかぜ」をコピーし続ければ凶悪ムーブが可能となる
ミルデッキ対策

f:id:InvokeTwoA:20190321182252p:plain:w200

  • デッキを枯渇させる「ミル」デッキへの対策ともなるカード
  • 逆に「ミル」デッキ自体が自身のデッキを枯渇させないようにデッキ水増し方法としても使えるカード
  • ヘンテコデッキの可能性を高めてくれるカードとなっている
  • ただし延々とデッキを水増しするならばゼシカの「やまびこのさとり」の方が何回も使えるので優秀
コンボ追記(コメントからの有力情報を追記)
総評
  • 無限のロマンを持つコンボカード

闘技場での評価

  • 闘技場ではコピー元となる良い特技カードをピックするのが困難なので微妙な能力とも言えるカード
  • とはいえ 1/1/2 は標準スタッツなので、1コスト帯が不足していれば気軽にピックできる

使われるデッキ

パッチ修正

f:id:InvokeTwoA:20200318230730p:plain

セリフなど

なし

記事更新履歴

2020/3/26 フレーバーテキスト追記。ナーフ情報を追記
2020/3/12 記事更新
2020/2/1 記事掲載