DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

スピンサタン

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア

f:id:InvokeTwoA:20191110124125p:plain

後攻なら1/3/2。コスト減るのは手札中なので偶数デッキでも使える。
一時的な「銀タロ」と色々な要素があるユニット。

しかしソロクロウズ後世には勝てないのか。

入手法

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) 漆黒の世界に生きる朝を呼ぶことのない魔物。命あるものの近くへ音もなく近づいてはその輝きを奪う。
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【スピンサタン】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • スタン落ちした「シャイニング」の色違い
  • そのため「シャイニング」にとってもよく似た能力を持つ
  • 事前評価でやばいと言われつつもあまり採用されなかった「シャイニング
  • このカードも多少同じように騒がれたカード。管理人も踊らされた一人
  • 逆に「シャイニング」に騙されたからもう騙されない、とカードレビュアーをレベルアップさせたカードでもある

カード評価

  • 2/3/2 の標準スタッツ
  • 最大MPが相手の最大MP以下ならば1コストになるので、1/3/2 で出せる事もある
  • その場合、絶好調の「とげぼうず」相当のスタッツになる。しかもデメリットなし
  • また、召喚時に「次に使う占いカードの効果を選べる」能力つき
  • この能力はターンを隔てても効果があるのが特徴
優秀なカードだが、現状ではソロクロウズ構成が主流
f:id:InvokeTwoA:20181117010802p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20181117021224p:plain:w200
  • このカードも「銀タロ」問題を打破できる可能性を持ったカードではあるが、それでも現状では殆ど採用されていない
  • 勇者ソロ」+「クロウズ」と言う鉄板構成の前ではどうしても不安定さが否めない
  • ソロクロウズなしの構成ならば採用したい1枚
  • ↑序盤の「勇者ソロ」を使うテンポロスをなくせるのは大きな利点
使うならば
  • 偶数ミネアや「セレンミネア」など、アグロ構成よりのミネアならば 1/3/2 の強スタッツも見込めるため採用しやすい
  • コストが下がるのは手札中なので、偶数ミネアの「偶数」縛りを邪魔する事がないのも特徴
  • とはいえ、このカードを採用するという事は占いカードを多少は採用する可能性が高いが、それらを先に引いてしまったら不安定という課題は残る
  • いっそスタッツだけに注目して採用する事もできなくもないが、先手の場合は 2/3/2 なので強い動きとは言えないのが残念なところ
総評
  • ソロクロウズ構成が優秀すぎるだけであり、このカードも決して弱くはない
  • ソロクロウズがスタン落ちしたら本気を出す、と思いたい
  • その頃にはどんなパワーカードが登場しているか分からないが

闘技場での評価

  • 闘技場では標準スタッツ(そして上振れすれば 1/3/2 の高スタッツ)なのでピックする価値はある
  • 占いカードに関しては、そもそも闘技場での占い自体が不安定なのであまりピックしない方が良い

使われるデッキ

  • 偶数ミネア

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2020/1/7 コメントの指摘を受けて誤字修正
2020/1/6 記事掲載