DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

フォレストマスター

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア

f:id:InvokeTwoA:20191102005134p:plain

事前評価で賛否両論のカード。
シーゴーレム」の色違いというノイズが思考回路を狂わせる。

入手法

  • 再会と誓いのロトゼタシアの共通のスーパーレアカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 800
  • 分解すると160の錬金石が手に入る。プレミア版ならば600の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル)
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【フォレストマスター】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • DQ11のモンスター
  • 悪名高き「シーゴーレム」の色違い。
  • (ちなみに「魔導召喚」で場に出る「スノーホムルンクス」の色違いでもある)

カード評価

  • 3/2/3 のテンポロスなユニット
  • 味方にヒーローがいる場合といない場合で、下記のように能力が分かれる
ヒーローがいない場合

f:id:InvokeTwoA:20190511230900p:plain:w200

  • 次に使用する英雄カードのコストを-3する
  • 「ターン中」などの制限がないため、このカードを出してから長く間が空いていても、コスト-3の効果が発動する
  • コスト-3の恩恵を最も受けるのは「大魔王ゾーマ
  • ↑コスト0で出せるため、2/3 のユニットが場に出ると同時に「大魔王ゾーマ」をプレイできる
  • ↑更にLV1ヒーロースキルが0コストのため、ユニットに4点ダメージを即座に与える動きも可能
  • ↑「大魔王ゾーマ」自体、比較的急いで出す必要性が薄い英雄なのでコンボパーツが揃うまで待てるのも利点
  • 今までの「大魔王ゾーマ」に 0/2/3 が付いて来たと思えば高バリューなカード
  • 他には「天空の花嫁ビアンカ」「天空の花嫁花嫁フローラ」「天空の花嫁デボラ」を0コストでプレイできる
  • 元々のコストが2なので、コスト軽減能力をフルに活かせた訳ではないが、英雄カードと同時に実質 1/2/3 を出せたと思えばバリューは高い方
  • 他の1コスト英雄ではコスト軽減の割合が低く、英雄カードと同時に 2/2/3 が出る計算になる
  • HP3は対戦相手によっては討ち取られやすいので過信は禁物
  • レックス」は元から0コストなので、わざわざ一緒に採用する理由もないだろう
味方ヒーローがいる場合

f:id:InvokeTwoA:20181103215632p:plain:w200

  • 3/3/4 ユニットとして登場する
  • 実質、ふういんに弱い「タップペンギー」相当
  • 3/3/4 は優秀なスタッツだが、「タップペンギー」の採用率はかなり低い
  • 前述した「大魔王ゾーマ」などとのコンボは決まれば強力だが、タイミングよく「フォレストマスター」を毎回引ける訳でも無いので 3/3/4 としてプレイせざるを得ない時も多いだろう
  • 商人ならば高スタッツユニットをバフなどでより活かしやすい
総評
  • コストが重い英雄カードと一緒に出せたら、とロマンが広がるカード
  • しかし能力の性質上、Wヒーロー構成でもなければ2枚目はほぼ腐る(ほぼバニラ3/3/4)
  • ↑誤り。Wヒーロー構成でも、2枚目を出すときは既にヒーローが場にいるため、3/3/4 バニラになってしまいます
  • ↑「みずがみ」様。コメントよりご指摘ありがとうございました
  • 大魔王ゾーマ」のデッキで上振れ期待で1枚採用が無難な使い所だろうか
  • ↑しかし1枚採用では上振れが起きにくいという悩ましい性能
  • 3MPインチキと書くと非常に強く感じるが、場に出るのは2/3ユニットなのでアグロ寄りの構成でもなければ大きく盤面に干渉する力はない点に注意
  • 現状ではあまり採用されていないカード
  • 今後もコストが高いヒーローカードが増えれば、活躍の機会は増すかもしれない

闘技場での評価

  • 英雄カードを引けるかどうかかなり怪しいところ
  • しかし英雄カードを引けずとも 3/3/4 は闘技場では神スタッツ
  • ピックして損の無い1枚

シナジー、コンボ

使われるデッキ

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2019/12/9 記事更新(コメントの指摘を受け、表現を変更しました)
2019/11/29 記事更新
2019/11/2 記事掲載