DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

セージももんじゃ

TOP > 一攫千金!カジノパラダイス

f:id:InvokeTwoA:20190816135746p:plain

偶数デッキの刺客。
偶数シナジーカードでありながら自身は奇数という、反抗期の男子高校生みたいなカード。

入手法

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) ももんじゃでありながら多くの呪文を修めた賢者。学びに明け暮れた日々を過ごす事で 陽気さは薄れ思慮深い言動が増えた。
フレーバーテキスト(プレミアム) 赤く染まったモヒカンは内なる情熱を表す。ピンチのときこそ死中に活を求める精神で攻撃呪文が冴え渡る。
カード元ネタ情報 【セージももんじゃ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • DQMJ3のモンスター
  • 「偶数シナジーはろくな奴が居ない」と言われる風潮の中で紹介された新カード
  • 固有の能力で光る部分もあるのだが、他のインフレカードと比べると確かに扱いにくさは否めない
  • 「ももんじゃ」カードが増えて嬉しい

カード評価

  • 3/2/2 のテンポロスなスタッツ
  • 召喚時にデッキトップを見る事が可能
  • もし偶数なら敵だけに当たる分配3点ダメージを出せる
  • ↑1点を3回与えるので、「グレイグ」なども合計3点を与えて倒す事が可能
  • ↑「勇者の盾」などダメージ軽減系を使われると、0ダメージを3回与える事になる
  • 3T目に敵を除去しつつ場に出る事でテンポを取ることにも使える
  • 単体を除去するだけならば「ブラッドレディ」の方がスタッツが高く能力発動条件も緩い
  • 「愚者のタロット」や「悪夢のルーレット」など、敵全体のHPを1にする特技と相性が良いため、ボードクリア用として採用される事が多い
  • ↑デッキ全体を偶数コスト多めにするのは手間だが、必中状態にならなくて良いのは大きな利点
  • このカードを採用するとしたら偶数ミネアか、デッキトップを操作するタイプのミネアデッキでの採用となる
  • ただ最大の欠点として、偶数ミネアで採用する場合このカード自体が奇数カードという問題がある
  • 他の偶数シナジーのカードの失敗率を上げてしまうリスクがあるため、採用するならばそれなりの理由が欲しいところ

闘技場での評価

  • スルー推奨
  • しかしミネアは稀に2コストの扉に通い続け大量に「つむじかぜ」や「クロウズ」や「キラーグース」を取り続ける強デッキが存在する
  • あまりに偶数コストが多いならば、ピックして見るのも良いかもしれない

シナジー、コンボ

使われるデッキ

  • 偶数ミネア

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2019/8/27 記事掲載