DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

まほうおばば

TOP > 一攫千金!カジノパラダイス

f:id:InvokeTwoA:20190804230004p:plain

偶数ミネアの刺客その1。
グランマーズ」の別アカウントではない。

入手法

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル)
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【まほうおばば】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • 名前の通り魔法を使うおばあちゃん
  • 魔法使い専用カードで来ると思ったが、まさかのミネア専用で偶数デッキ用のカードとして登場した

カード評価

  • 0/1/1
  • これはかの有名な「スライム」スタッツ
  • MPのロスなくユニットを出せるのは有用だが、手札の消耗も激しいため普通デッキではあまり使われないスタッツ
  • 遅いデッキ相手ならば1T目に出して何回か攻撃できれば0コスト以上の働きをしたと言える
  • アグロ相手でも序盤の猛攻を 1/1 を出す事で緩和できるならば、早々に出すべき
  • ↑どちらの場合も、最序盤に出すと「1点回復」の効果を活かせない点には注意が必要。わざわざ狙うほどの能力でもないが
  • しかし下記のコンセプトデッキでは有益なユニットとなる
じゃんけんミネア

f:id:InvokeTwoA:20181205182723p:plain:w200

  • レッサーデーモン」のナーフにより現在はデッキタイプ自体が見かけなくなってしまっている
  • しかしこの手のデッキは、0コストカードが増えるだけでとても嬉しい
  • また、「スライム」シナジーを活かさないならば「スライム」の上位互換とも言える性能
  • ↑ただしデッキトップのカードが対戦相手にもバレるという情報ロスもあるので注意
  • 尤もこのデッキの問題点は低コストカードが足りない事ではなくコストが重くなった「レッサーデーモン」をどうするかなので、このカードを追加したところで根本的な解決にはならないが
偶数ミネアでの採用

f:id:InvokeTwoA:20190807122518j:plain:w200

  • にじくじゃく」率いる偶数デッキでの採用が本命
  • 0コストも偶数なので、「まほうおばば」自身も他カードとシナジーを形成できる
  • このデッキでは必然的に偶数カードが多くなるので、まほうおばばの能力も活かしやすい
  • ↑ただし、まほうおばばの能力はHP1点回復なのでわざわざ狙うようなコンボではない
  • にじくじゃく」と一緒に「まほうおばば」を出せば、敵に2点ダメージを与え、尚且つ次のドローも偶数カードを引きやすくなるのが利点
マーニャ」などとの相性
f:id:InvokeTwoA:20181007175017p:plain:w200
  • コンセプトデッキでもなく入れるメリットがあるとしたら、「マーニャ」や「魔術師のタロット」との相性
  • 奇数カードだったらデッキボトムへと送ってしまうが、そうでなければデッキトップのカードを知る事ができる
  • デッキトップが4コストだったら非常に大きなバリューになる「マーニャ」と相性が良い
  • ヤンキーマーニャ(公式解説でもお馴染みの「椿姫彩菜」さんが命名した運任せのマーニャ)の成功確率を多少は上げてくれる
  • また、デッキトップを知れる可能性があるので「魔術師のタロット」などのデッキトップを参照するカードもバリュー高くプレイできるかもしれない
総括
  • 偶数デッキを組むならとりあえず入れたいカード
  • ノーマルカードで集めやすいのもありがたい

闘技場での評価

  • 闘技場ではあまり用途のないカード
  • アグロデッキの猛攻を決めるにあたり、1T目から攻撃を仕掛ける0/1/1 としての採用くらいだろうか
  • ↑手札が切れないよう要注意

シナジー、コンボ

にじくじゃく 一緒に出せばランダム2点ダメージを与えつつ、次のドローも偶数カードが来やすくなる
魔術師のタロット」など 「まほうおばば」でうまくいけばデッキトップ(偶数コストだった場合)を知れる

使われるデッキ

  • 偶数ミネア

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2019/8/7 記事掲載