DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

にじくじゃく

TOP > 一攫千金!カジノパラダイス

f:id:InvokeTwoA:20190807122518j:plain

一見超弱そうに見えるが、0コスト=偶数と気づくと夢のあるカードになる。

入手法

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) 発達した筋肉と 七色の模様を持つ 強靭な鳥の魔物。 その美しさに感嘆する 暇もなく 火球が襲う。
フレーバーテキスト(プレミアム) 険しい道のりを経て にじくじゃくの心を てにしたものは 更なる魔力 すばやさ かっこよさ を得る。
カード元ネタ情報 【にじくじゃく】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
cv なし

※メカ沢B様、情報提供ありがとうございました。

カード情報2

  • ドラクエモンスターでマダンテを覚えるモンスターとして有名な「にじくじゃく」
  • どういう関連かは謎だが、偶数ミネアのキーカードとして登場した
  • ↑テリワンでミレーユがモンスターとして使用していたので、占い師つながりで占い師専用カードとなった説(マリベル派さん、情報提供ありがとうございました)

カード評価

  • 6/4/5 のテンポロスなスタッツ
  • スタッツは 4コスト相当
  • パッと見ると 2コストや4コストのカードはこのカードと同時に1~2枚しか使えないので弱そうに見える
  • しかし0コストのコインや「スライム」なども偶数カード扱いとなっている点が重要
  • 0コストカードを全て2点ダメージに変換できる恐ろしい能力となる
  • 対象はランダム敵なので、敵リーダーにも敵ユニットにも当たる
  • 手札をプレイしつつランダム2点を出すという性能はスタン落ちした(ナーフもされた)「ようじゅつし」に似た性能
  • 偶数ミネアのデッキを組むにあたり、このカード自身も偶数なので他シナジーを形成しやすいのが利点
偶数シナジー

f:id:InvokeTwoA:20190804230004p:plain:w200

  • 「まほうおばば」は自身も0コストで、デッキトップが偶数ならば回復もできるコンセプトが一致したカード
  • 他にも「スライム」や「せみもぐら」などの0コストユニットも即座に2点ダメージに変換されるので強力
f:id:InvokeTwoA:20190512001155p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20181117021224p:plain:w200
  • また、「ラグアス王子」や「クロウズ」などの強力な低コストレジェンドカードも偶数なので悪くない相性
  • 他には4コストで少し重いが、「サイコロン」などもミネアのパワーカード
GETとも相性が良い
f:id:InvokeTwoA:20190804204856p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20190804205421p:plain:w200
  • GETで得られるコインも0コスト特技なので2点ダメージに変換できる
  • ベホイミスライム」なども自身が偶数で死亡時にGET1なので相性が良い
  • 「にじくじゃく」が場にいればユニットに BET しつつ2点ダメージを与えられるので破格のバリューとなる
OTKは難しい
  • 大量コイン使用からのOTKを試したくなるが、下記の理由で非常に難しい
  • 手札全部使っても 9*2=18点で25点には足りない
  • このカードのサーチが難しい
  • ↑「天啓の神域」を使う場合、偶数コンセプトにそぐわない5コストカードの採用が必要になる
  • 敵盤面にユニットがいるとダメージを吸われてしまう
  • ↑ちなみに「ダークドレアム」使うと「にじくじゃく」も捨てられちゃうのでNG
  • そもそも、「にじくじゃく」+「大量のコイン」という状況を作るのが困難
  • また、このカード自身がコストが重めで次ターンまで生き残る事も難しい
  • そのためコンボ難易度が非常に高くなっている
総評
  • 一言で言えば「使うのは難しいけど、ロマン溢れる楽しいカード」
  • うまく決まった時は非常に強力なので(うまく決めるのは難しいが)、一度は爽快なコンボを狙ってみたくなる

使われるデッキ

  • 偶数ミネア

パッチ修正

なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2020/7/12 フレーバーテキスト追記
2018/8/8 記事更新
2019/8/7 記事掲載