DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

アモールの雨

TOP > 光と闇の異聞録

f:id:InvokeTwoA:20190425221037p:plain

雨に向かって万歳するククールさんが印象的なイラストのアモールの雨。
ミラクルソード」のイラストと似ているのは秘密。

入手法

  • 光と闇の異聞録僧侶専用のノーマルカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 60
  • 分解すると10の錬金石が手に入る。プレミア版ならば50の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) 慈愛の雨を降らせ全身に浴びることで体力を回復する技。この技を最初に使ったのはモンスターであった。
フレーバーテキスト(プレミアム) この雨の成分は「沸かして飲めばたいがいの病気は治る」伝説の滝の水であるとされている。
カード元ネタ情報 【アモールのあめ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • ドラクエ定番アイテムの「アモールの水」由来の回復特技
  • スタン落ちした「ベホイミ」や「ベホマ」の代わりに登場。しかし引退したカードたちが偉大すぎてややパワー不足なのは否めない

カード評価

  • 0コスト全体回復特技
  • リーダーを回復するだけならば0コスト3点回復の「ホイミ」の方が強い
  • ↑更にホイミは回復反転コンボに使用するなどの応用も効くのが利点
  • だがリーダーやユニットなどを2体以上回復できればカードバリューは「アモールの雨」の方が高くなる
  • 0コスト特技なのでタイミングに自由が効くのはありがたい
  • このカードを採用するならば主に「シャイニングボウ」や「ベビーニュート」の回復コンボのデッキで使われる
  • その場合、回復行動に1点ダメージや1ドローが付くのでバリューが一気に高くなる
  • 基本的にコンボカードなので単体では働きにくいのが難点
  • 一応0コストでリーダーを2点回復する行動は腐りにくいが、そのためだけに採用するのはバリューが低い。また、手札の消耗も痛い
  • コンボを狙わずとも、多数のユニットで有利トレード後にこのカードを使えば大幅に有利な盤面を形成することが可能
  • 最大で盤面6体+リーダーで14点回復が見込める
  • 0コスト14点回復というとんでもないバリューを秘めている事を思えば、ロマンはあるカード
  • ただククールのテンションスキルの扱いの難しさからも、コンボの難しさは皆がよく知るところ
  • ↑ククールのテンションスキルと性能がかぶるから使いにくいという意見もある
  • 回復を活かせるよう、場持ちの良いHP高めのユニットを多めに採用したいところ
  • 現状では回復メインのククールデッキ、「かいふククール」はスタン落ちでカード不足のためランクマッチではあまり見かけないカードとなっている
  • そのためこのカードもあまり見かけない

闘技場での評価

  • うまく決まれば強いが、安定はしないのでピックはオススメしない
  • フォレストドラゴ」など高HPの優秀ユニットを多くピックできているならば採用しても良い
おまけ 新作映画、天気の子
f:id:InvokeTwoA:20190204130546j:plain:w100 「的中率100%の、雨男!?」
f:id:InvokeTwoA:20190425221037p:plain:w100 「世界に雨を望んでいる人が、こんなにも居たんだ」
f:id:InvokeTwoA:20190204130546j:plain:w100 ーーこれは、僕と彼女だけが知っている世界の秘密の物語
f:id:InvokeTwoA:20181117123614p:plain:w100 「前前前世から僕は〜♩」
  • もうすぐ公開
  • ライバルズのプレーヤーも一定数観に行く人がいそうですし、楽しみですね

シナジー、コンボ

シャイニングボウ」or「ベビーニュート 雨で回復コンボ

使われるデッキ

  • かいふククール

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2019/7/3 記事掲載