DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

勇者姫アンルシア

TOP > 光と闇の異聞録

f:id:InvokeTwoA:20190425224932p:plain

英雄カードとなり再登場した「アンルシア」。
冒険者マシマシの冒険者デッキを楽しめる英雄。

入手法

  • 光と闇の異聞録の共通のレジェンドカード
  • 英雄カードなので錬金はできない(悲しみのオーラ)

カード情報1

勇者姫アンルシア
フレーバーテキスト(ノーマル) アリオス王の娘でグランゼドーラの王女。たぐいまれなる剣の腕前と心の優しさは どちらも勇者の資質を感じさせる
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【勇者姫アンルシア】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
眠れる勇者
フレーバーテキスト(ノーマル) 封じられていた記憶を解放するとアンルシアは勇者覚醒の光を放った。その眩しさは盟友にとって懐かしい光景だった。
フレーバーテキスト(プレミアム)
破邪の秘技の会得
フレーバーテキスト(ノーマル) 魔を打ち払う聖なる技を会得するためブロッゲン ホーロー エイドスの三賢者から課せられた試練に挑む。
フレーバーテキスト(プレミアム)
破邪の秘技:勇者の眼
フレーバーテキスト(ノーマル) 賢者ブロッゲンの試練を果たすことで会得した破邪の秘技。幻魔将ファズマとの戦いなどで使用した。
フレーバーテキスト(プレミアム)
破邪の秘技:勇者の心
フレーバーテキスト(ノーマル) 賢者ホーローの試練を果たすことで会得した破邪の秘技。豪魔将ブレンダたちとの戦いなどで使用した。
フレーバーテキスト(プレミアム)
破邪の秘技:勇者の光(通称アンルシアビーム)
フレーバーテキスト(ノーマル) 覚醒したアンルシアが試練を経ずに初めから会得していた破邪の秘技。獣魔将ガルレイとの戦いなどで使用した
フレーバーテキスト(プレミアム)
破邪の秘技:勇者の盾
フレーバーテキスト(ノーマル) 賢者エイドスの試練を果たすことで会得した破邪の秘技。妖魔将ゲジュラとの戦いなどで使用した。
フレーバーテキスト(プレミアム)

カード情報2

  • スタンダードパックがグランプリルール落ちする事により、「アンルシア」の代わりに再登場
  • 勇者ソロ」同様に冒険者シナジーに満ちた英雄カードとなった
  • あまりに強すぎたため、一時期はアンルシア&「レックス」の2強時代になったほど
  • ↑案の定ナーフされた
  • ↑しかしナーフまでの期間が長かったことでも有名。一度目のナーフでは関連カードの「ホワイトビート」がナーフされた

カード評価

f:id:InvokeTwoA:20190425231418p:plain
↑画像はナーフ前のもの。
↑現在は「破邪の秘儀の会得」は4点ダメージにナーフされました

  • 勇者ソロ」と同様、冒険者シナジーに満ちた英雄カード
  • ↑ナーフにより、ほぼ確定サーチ用の英雄カードとなってしまった「勇者ソロ」に対し、「勇者姫アンルシア」は盤面で戦う冒険者用の英雄カードになっている
  • レベル1、レベル2のスキル共に1回だけでレベルアップ可能
  • これだけ見ると「レックス」並の超スーパー光速ウルトラ爆速のレベル上げが可能なように思える
  • ↑シンクロカードとの相性が一見高く見えるが、現状のカードプールではそうはならない
レベル1スキルの評価
  • 冒険者カードを場に出した時に自動発動するというもの
  • 「勇者姫アンルシア」のコストが1、LV1スキルは0コスト発動なので1コスト1ドローのようなバリューになる
  • 0コストの冒険者ユニットは現状では居ないので、最速でレベル2にできるのは2T目となる
  • ↑魔剣士のMPブーストなどの例外はあるが……
  • マスターズ環境ならば「サンディ」などが優秀な相棒となっている
  • アンルシアデッキでは如何に冒険者を早く出せるかが肝なので、低コスト冒険者の採用が重要となっている
f:id:InvokeTwoA:20190213190537p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20181118024209p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20200215230342p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20181016171625p:plain:w200
  • 3T目あたりになると共通冒険者の「サンチョ」などが控えているため、3T目に冒険者がでてくることも多い
f:id:InvokeTwoA:20190512003455p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20190512000444p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20200211223722p:plain:w200
  • いつまでも冒険者を引けないとLV1から一向にレベルが上がらないという事故があるので要注意
  • とはいえ冒険者が増えた今、「プテラノドン」などの確定サーチをしてまで早く冒険者を引くと言う動きは少ない
レベル2スキルの評価
  • レベル2スキルは2コスト使って盤面、手札、デッキの冒険者を+1/+1するというもの
  • 盤面に冒険者がいる状態で使えば、ある程度のテンポロスを誤魔化すことが出来る
  • ハッスルじじい」のパワフルバッジによる強化とは違い、「封印」で解除されてしまう
  • また、強化は一度だけなので復活orバウンスした「サンディ」や「チャゴス王子」などは再び 元のスタッツに戻ってしまうので注意
  • 「雄叫び」などのバウンスをされて手札に戻った場合も、強化は解除されてしまうので注意
  • 最速で3T目辺りに発動できるので、その場合は4T目にシンクロカードを最高レベルで出すことが出来る
  • LV2スキルのバリューを高くプレイするため、一定数以上の冒険者を採用しておきたいところ
レベル3スキルについて

f:id:InvokeTwoA:20200506165940p:plain

  • まず初回は必ず「破邪の秘技の会得」となる
  • 3コストでユニットに4点ダメージを与える
  • 一応味方ユニットにも当てる事ができる。早く後続のヒーロースキルを使いたい時とかに、たまに味方に打つ事がある
  • ↑3コスト4点は「タロットショット」相当の性能
  • 破邪の秘技を会得後は、下記のいずれかのヒーロースキルに変化する
f:id:InvokeTwoA:20200506170415p:plain:w200 [f:id:InvokeTwoA:20200506170435p:plain:200] f:id:InvokeTwoA:20200506170450p:plain:w200 f:id:InvokeTwoA:20200506170504p:plain
  • レベル3ヒーロースキルは毎回使うたび、(今の破邪の秘技以外の)他の3つの「破邪の秘技」のどれかに変化する
  • ↑「フォズ大神官」のような変化だと考えれば想像しやすい
  • ↑(連続で同じものに変化する事はない)
f:id:InvokeTwoA:20200506170415p:plain:w200 3枚見て状況に応じたものを取れるのは非常に強力。
しかも選ばなかったカードは捨てられる訳ではなくデッキ底へ。
f:id:InvokeTwoA:20200506170435p:plain:w200 テンションを一気にMAXへ。
盗賊などは「れんけい」冒険者も多いので役立つ。
スキルブーストを稼ぐ手段にもなる。
僧侶なら「グレイナル」後に使うのも強力
f:id:InvokeTwoA:20190425233435p:plain:w200 アンルシアビーム。
要は「ラリホー」。
敵リーダーにも撃てる。
f:id:InvokeTwoA:20200506170504p:plain:w200 ユニット展開と共に打つのが強い。相手は「マイユ」や「つむじかぜ」を撃てなくなる
  • ランダム性があるとはいえ、どれも役立つものばかり
  • どれも用途が違いすぎるため狙った効果が来ないと計算が狂うかもしれない
  • 「勇者の盾」は使用した瞬間に味方全体(リーダーとユニット)に効果が及ぶ
  • ↑そのためユニットを召喚する予定があるならば、基本的に先にユニットを召喚してから使用した方が良い
総評
  • ミッドレンジ〜長期戦に強いヒーロー
  • 冒険者はどのカードパックでも追加されるので、今後の将来性も高い
  • 現状では「ハッスルじじい」と共に採用され、高スタッツになった冒険者で殴り勝つデッキが主流
おまけ:豆知識
  • マーニャ」を場に出した場合、ドラゴラム化してしまった場合はLVスキルの条件を満たせない

使われるデッキ

  • 冒険者主軸のデッキ全般
  • 現状の主流はアンルシアカミュ、「アンルシアククール」、アンルシアアリーナ

パッチ修正

f:id:InvokeTwoA:20190913170357p:plain
f:id:InvokeTwoA:20190913170407p:plain
f:id:InvokeTwoA:20190913170417p:plain
f:id:InvokeTwoA:20190913170427p:plain

セリフなど

ドラプロGAME様が動画にあげてくださいました。
youtu.be

記事更新履歴

2020/5/6 記事更新。ナーフ情報を追記
2019/6/17 記事更新
2019/5/25 記事更新
2019/5/24 ボイス動画を追記
2019/5/23 フレーバーテキスト(ノーマル)を追記。記事更新
2019/4/26 記事更新。コメントの指摘を受けて画像修正
2019/4/25 記事掲載