DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

デッキ紹介:ソロ床アリーナ

TOP > 武闘家

f:id:InvokeTwoA:20181005133440p:plain:w200

最近の武闘家は「タバサ」軸の超速の「ラーミア」、
そして「勇者ソロ」型の床アリーナが流行の兆しを見せています。

久しぶりの床アリーナですが、「プオーン」などでキーカードにサーチしやすくなったため安定感が非常に増しています。

デッキ構成

f:id:InvokeTwoA:20190320161114p:plain


主要カードのみ記載

コスト 枚数 カード名 カード 備考
1 2 スマイルロック f:id:InvokeTwoA:20190201165535p:plain:w200 優秀すぎる1コストユニット。テンションを上げる動きは結果的にキーカードや「とびげり」の入手に繋がります
1 1 勇者ソロ f:id:InvokeTwoA:20181117010802p:plain:w200 確定サーチは「マイユ」「ゲルダ」。その後のサーチも「古武道のツメ」or「無鉄砲な作戦」or「めいそう」と悪くはない
2 2 プラズママウス f:id:InvokeTwoA:20181110211330p:plain:w200 強力なユニット。先に床を出せてれば移動数を稼ぎつつ3点の突撃
2 1 プオーン f:id:InvokeTwoA:20190208185805j:plain:w200 マイユ」サーチ後ならば、「アカリリス」or「古武道のツメ」を取れます。マスコット的な存在
3 1 ゲルダ f:id:InvokeTwoA:20181110211510p:plain:w200 縦に移動する攻撃は移動数を稼げます。また、「エイトピサロ」などに先出しすれば相手の序盤のプランを大きく崩せます
5 2 古武道のツメ f:id:InvokeTwoA:20181117123527p:plain:w200 「とびげり」確定入手は大きいです。「マイユ」と組み合わせて爪攻撃でリーサルになる事も
5 1 デスタムーア f:id:InvokeTwoA:20181102162900p:plain:w200 環境によって変える枠。現在はエイピ&ゼシカ環境なので必須
9 1 マイユ f:id:InvokeTwoA:20181005133440p:plain:w200 アンルシア」との掛け合い終了と共に相手をボコリまくるオーガ族の女性

コンセプト

  • メインコンセプトは移動床を設置してからの移動数を稼ぎつつ、「マイユ」でのOTKです
  • しかし「勇者ソロ」のヒーロー参照カードは「プラズママウス」「シーゴーレム」くらいなので、序盤から積極的に攻める事が可能です
  • 勇者ソロ」「プオーン」からの確定サーチで、キーカードへのアクセスが容易になりました
  • 中盤での「アカリリス」による盤面支配は強力無比の一言に尽きます(よくナーフされなかったものだ)
  • 古武道のツメ」により、位置変更カードの入手が容易になりコンボ難易度が下がったのも追い風です
  • 最近見かけるようになった「タバサ」軸の「ラーミア」ククール(回復主体)も、OTKコンボがあるため安定して戦えます
  • 難点としては序盤の移動床設置カードのサーチ方法がない事(「とうのへいたい」「しのどれい」)
  • ↑の場合、移動数稼ぎが難しくなりますが、ユニットが盤面に溜まったタイミングで「無鉄砲な作戦」使用により、一気に稼ぐ事は可能です(最高で 6体*2の盤面で12回アップ)

交換候補

コスト カード名 カード 備考
3 まわしげり f:id:InvokeTwoA:20190317171011p:plain:w200 あまりに「魔導召喚」が多い環境ならば採用

マリガン

  • 4コスト以上のカードは問答無用で返して良いです
  • 3コストの「しのどれい」のみ、他に床設置カードが無いならばキープする事もあります
  • 「めいそう」も後半用カードなので返します
  • 全力で移動床カードを探すため、移動床がなければ「勇者ソロ」以外は全とっかえするのも手です
  • エイトピサロ」相手ならば、「スマイルロック」など1コストユニットで1T目から積極的に攻めた方が良かったです

戦略

相性

有利
不利

記事更新履歴

2019/3/20 記事掲載