DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

デッキ紹介: エイトゼシカ(結婚ゼシカ)

TOP > 魔法使い

f:id:InvokeTwoA:20181205125310p:plain

デッキ構成

コスト 枚数 カード名 カード 備考
0 2 メラ f:id:InvokeTwoA:20181130170737p:plain:w200 いざとなれば顔面にも当てられる優秀魔法。後は「ヒャド」と一緒の使い道
0 1 ヒャド f:id:InvokeTwoA:20181117152215p:plain:w200 除去特技。他カードと組み合わせて高いバリューでプレイしたい
1 2 みならいあくま f:id:InvokeTwoA:20181204160938p:plain:w200 全ての特技のバリューを高くする優秀ユニット
1 2 早詠みの杖 f:id:InvokeTwoA:20181205125513p:plain:w200 コスト3以上の魔法に使う
1 1 勇者エイト f:id:InvokeTwoA:20181110223554p:plain:w200 キーカード。このカードでドロー&スキルブースト値を上げる。結婚まで至る事は少ない
2 2 ひとつめピエロ f:id:InvokeTwoA:20181129123119p:plain:w200 盤面を取るのに優秀なカード。「ゲマ」も頑張れば倒せる
2 2 メラミ f:id:InvokeTwoA:20181113205343p:plain:w200 除去。できるならリーサル用に使いたい
2 2 メイジももんじゃ f:id:InvokeTwoA:20181103212851p:plain:w200 ヒャド」を取れる便利ユニット。「暴走魔法陣」の土台にもできる
2 2 わらいぶくろ f:id:InvokeTwoA:20181207124103p:plain:w200 ドローソース+「暴走魔法陣」の土台。相手としても処理にカードを使うのが躊躇われるうざいユニット
2 2 ベビーパンサー f:id:InvokeTwoA:20181127132350p:plain:w200 強い&可愛い
3 2 まものの呼び笛 f:id:InvokeTwoA:20181128185459p:plain:w200 後半でも高いバリューでプレイできる優秀な特技。「挑戦!バトルロード」状態ならばテンション0から一気に3にできる。各コストごとの当たり外れについてはこちらを参照
3 2 暴走魔法陣 f:id:InvokeTwoA:20181204161531p:plain:w200 魔法陣を2~3個作成してリーサルを狙うのが基本
3 2 シーゴーレム f:id:InvokeTwoA:20181103215552p:plain:w200 序盤の守護神。交換候補
4 1 メラゾーマ f:id:InvokeTwoA:20181207154737p:plain:w200 できるならリーサル用に使いたい特技
4 2 ウインドマージ f:id:InvokeTwoA:20181203161811p:plain:w200 スキルブースト&特技シナジー要員。交換候補
4 2 魔力の奔流 f:id:InvokeTwoA:20181205133316p:plain:w200 ドローソース。「挑戦! バトルロード」の効果発動にも使える
4 1 シルビア f:id:InvokeTwoA:20181002103631p:plain:w200 ジャスティス
5 1 ベロニカ f:id:InvokeTwoA:20180925160352p:plain:w200 可愛く、強く、リソース確保でき、そしてスキルブースト持ち
5 1 スライム呼び f:id:InvokeTwoA:20181204162005p:plain:w200 主に魔法陣作成用に用いる。「挑戦! バトルロード」の効果発動トリガーにもなる

コンセプト

コンボ要素

スライム呼び」+「暴走魔法陣 魔法陣を一気に3つ作成。その瞬間に特技ダメージ+3
ウインドマージ+「早詠みの杖」「ヒャドの極意」=>「ヒャド」+「ヒャド 特技回数3回分の1点ダメージが飛ぶ

交換候補

コスト カード名 カード 備考
0 ラリホー f:id:InvokeTwoA:20181103212804p:plain:w200 足止め。ありがたい0コスト特技
1 スキルチャージ f:id:InvokeTwoA:20181110212155p:plain:w200 「紅蓮の火球」で盤面を取るデッキなので非採用。このカードを使うならば「メガトンケイル」などのスキルブーストカードをもっと入れたいところ
2 イオ f:id:InvokeTwoA:20181202172656p:plain:w200 多面展開対策。低コストダメージ特技。環境によって交換候補
2 わたぼう f:id:InvokeTwoA:20181128181859p:plain:w200 ドローソース。盤面での戦いを重視するなら採用
2 まじゅつし f:id:InvokeTwoA:20181129170257p:plain:w200 一つでも魔法陣を設置できれば爆アド
3 スライムツリー f:id:InvokeTwoA:20181103213120p:plain:w200 「紅蓮の火球」も6ダメージ。各種ダメージ特技を活かせる
3 疾風迅雷 ほぼ確定除去として使える。現環境では単体で強いユニットではなく、多面展開が多いため非採用
3 ヒャドの極意 f:id:InvokeTwoA:20181117123016p:plain:w200 超強力な特技。シナジー活かしたい。交換候補
3 ウィッチレディ コンボ要員。決まると強い。決まらなければビジュアル要員
4 オルゴ・デミーラ f:id:InvokeTwoA:20180830140142p:plain:w200 パワーカードだから入れた感。手札切れ対策。交換候補
5 魔犬レオパルド f:id:InvokeTwoA:20181110211104p:plain:w200 準備さえ整えば非常に強力
5 デスタムーア f:id:InvokeTwoA:20181102162900p:plain:w200 勇者エイト」デッキにも「勇者ソロ」デッキにも刺さるメタカード。テリーにも刺さる
5 アンルシア f:id:InvokeTwoA:20181001134731p:plain:w200 高スタッツ対策。環境によって最大の交換候補
5 なげきの亡霊 テンションあげる行為がアドになる。強い。
12 メラガイアー 過剰なスキルブースト値の有効利用。しかしコストが高すぎてやはりロマン枠
12 メガトンケイル ロトの血を引く者」の「竜王一閃」が辛いため非採用

マリガン

戦略

相性

有利
アグロピサロ 低コスト特技が多いので6枚以下を維持するのが楽。相手もドローさせてくれるのでコンボパーツを容易に揃えられる
ステルスアリーナ(ソロ入り) 1点を飛ばす方法が豊富にあるのと、ステルスにもダメージを与える方法が豊富にある
じゃんけんミネア ウインドマージスライム呼び」はコストが変動した状態でジャンケン勝負となる。そのため0コスト特技や、前述したカードも後半は0コストになるためジャンケンの勝率が悪くない。また、盤面制圧力はこちらの方が上
ソロトルネコ 1点ダメージを出す方法が豊富にあるため、多くのユニットを撃破可能です。特に「みならいあくま」ウインドマージがいる状態での特技使用はかなり有効
不利
エイトピサロ 次々とユニットを展開されると除去が追いつかなくなる事があります。長期戦になる前に「暴走魔法陣」からのリーサルを狙う事が勝機
ソロククール 序盤から多面展開をされると除去が間に合いません。また、ククールは回復もできるため側溝からのリーサルが難しいです。「暴走魔法陣」からの重い一撃でのリーサルが勝ち筋です。プレッシャーを与え続けてヒーロースキルの使用を躊躇わせるのも重要

デッキ変更履歴

2018/12/5

<ボツとなったデッキ>
f:id:InvokeTwoA:20181204160608p:plain

2018/12/4

最近流行りの「スライム呼び」からのOTK型に変更。
「ウイッチレディ」は決まれば強力ですが、不安定なので非採用に。

<ボツとなったデッキ>
f:id:InvokeTwoA:20181128184242p:plain

2018/11/28
  • 「メラガイアー」はロマン枠すぎるので残念ながら削除
  • 環境をみて「デスタムーア」を採用
  • 「アグロピサロ」が多い事もあり、「ヒャド」などの軽めの特技を多めに採用
  • 「ウィッチレディ」のコンボの発動のしやすさを重視する構成となりました

<没となったデッキ>
f:id:InvokeTwoA:20181127170751p:plain

2018/11/27

イオ→「メラミ
イオ→「わたぼう」に変更

<没となったデッキ>
f:id:InvokeTwoA:20181127161958p:plain

2018/11/27

大型スタッツユニットが現環境では少ないため、「アンルシア」は非採用に。
代わりに低コスト特技のバリューがより上がるようまじゅつしを採用

<没となったデッキ>
f:id:InvokeTwoA:20181120152852p:plain

記事更新履歴

2018/11/27 記事微修正
2018/11/20 記事掲載