DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

てっきゅうまじん

TOP > 勇気の英雄譚

f:id:InvokeTwoA:20181110213616p:plain

入手法

  • 勇気の英雄譚商人専用のカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 200
  • 分解すると40の錬金石が手に入る。プレミア版ならば140の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル)
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【てっきゅうまじん】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • オーガーの色違い
  • どこにこのモンスターに冒険者要素があるのかは謎だが、冒険者とのシナジーがある
  • 原作にあった驚異の自動回復力などはライバルズ では実装されていないので注意

カード評価

  • 6/4/5 のコスト変動ユニット
  • 自分の場と手札に2体の冒険者がいて 4/4/5 となり「りゅうき兵」相当
  • 当然ながら 4/4/5 ユニットとして扱うならばドラゴン系シナジーもあり安定感もある「りゅうき兵」に軍配があがる
  • しかし自分の場と手札に3体の冒険者がいれば 3/4/5 ユニットとなり、コストに対してかなりの高スタッツとなる
  • 高スタッツユニットは早めに出してこそ(対戦相手の対策手段が限られるため)有用なので、なるべく早めに手札から出したいところ
  • また、高コストだが早く召喚できるユニットなので「しあわせの杖」などの各種変化とも相性が良い
  • ↑2コストアップの変化を加えた場合、当たり枠が多いと言われる8コストユニットに変化する
  • 手札や場に冒険者がいない場合は 5/4/5 や 6/4/5 として場に出すことになる
  • テンポロスではあるが、盤面干渉できるスタッツなので温存せず出してしまおう
  • ルイーダ」などを2T目に出すと冒険者の数が増え、3T目召喚が現実的なものとなる
  • ものすごく上振れすれば 2T目に出す事も可能。その場合 2/4/5 となり、ゲームをそのまま決めかねないほどのパワーを発揮する
  • ハッスルじじい」を軸とした「冒険者トルネコ」のデッキではシナジーを活かしやすい

闘技場での評価

  • ルイーダ」でもピックしていない限り、ピックしない方が無難

シナジー、コンボ

  • ルイーダ」: 手札や場の冒険者数を一気にあげることができる

使われるデッキ

  • 冒険者トルネコ

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2018/11/14 記事掲載