DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

ピッキー

TOP > 勇気の英雄譚

f:id:InvokeTwoA:20181110221234p:plain

ドローも見込める優秀な1コストユニット。

入手法

  • 勇気の英雄譚の共通のノーマルカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 60
  • 分解すると50の錬金石が手に入る。プレミア版ならば10の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) 丸く太って見えるが体脂肪率は低く 筋肉が大きく発達している。知能も高く敵以外の者を襲ったりはしない。
フレーバーテキスト(プレミアム) ”差し出された果実はとびきりうまかった。お礼に撫でてあげたら嬉しそうに鳴くんだ ーー勇者ヘッポコくんの記録”
カード元ネタ情報 【ピッキー】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • DQ5より登場のモンスター
  • クックルーの上衣腫
  • もともとユニークな特技などは持たなかったため、特に原作再現などの能力などはない模様

カード評価

  • 1/2/1 の攻撃寄りなスタッツ
  • もし対戦相手が「ロトの血を引く者」を使用した場合、ヒーロースキルで消し飛んでしまうHP
  • ↑しかしその場合、ヒーロースキルを使用した事になるので量プレイヤーが1ドローとなる
  • ↑アップデートにより、上記の場合はドローが発生しなくなりました
  • メラゴースト」などの1点ダメージも要注意
  • 純粋な戦闘ユニットとして使用するならば同コスト同スタッツで死亡時に1点与える「おばけキャンドル」に軍配があがる
  • 特筆すべき点は「いずれかのヒーローがヒーロースキルを使うたび互いにカードを1枚ドロー」というユニークな性能
  • ドローをする事が大きなバリューを持つデッキならば採用する価値は充分にある
  • 相手にドローさせてしまう点に関しては多くの場合はデメリットに繋がる事が多いので、そのロスを補い余るメリットを得たいところ
  • ↑アグロピサロならばこのデメリットさえもメリットに転換できるので好相性
  • 相手が「勇者ソロ」や「勇者エイト」の場合、相手のヒーロースキルの効果でもドローが発生するためかなりの枚数をドローする事になる
  • ↑序盤に出せば対戦相手は引いたカードを使用しきれず手札が10枚以上になる事もあり得る
  • キラーグース」や「ふくぶくろ」、更に英雄カードを採用してこのカードで相手にドローさせる事で、相手の手札を10枚以上にしてキーカードを消失させるというコンボも可能
  • 対戦相手としても放置しにくいユニットとなる

闘技場での評価

  • 専用構築でコンボを決めてこそのユニットなので、ピックしない方が無難
  • 敵も味方もヒーローカードを持っていなければ 1/2/1 バニラユニットである

シナジー、コンボ

キラーグース」「ふくぶくろ」 対戦相手を過剰ドロー

使われるデッキ

  • アグロピサロ
  • エイトミネア
  • 汎用的な性能なので、ヒーローを採用したデッキならばどのデッキにも採用可能

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2019/1/8 記事更新。フレーバーテキスト(プレミアム版)を追記
2018/11/26 フレーバーテキスト(ノーマル版)を追記。記事更新
2018/11/13 記事掲載