DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

大ぼうぎょ

TOP > 勇気の英雄譚

f:id:InvokeTwoA:20181103212358p:plain

入手法

  • 勇気の英雄譚戦士専用のノーマルカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 60
  • 分解すると50の錬金石が手に入る。プレミア版ならば10の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル)
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【だいぼうぎょ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • ドラクエシリーズの特技が登場
  • シリーズによって表記に揺れがあるので紛らわしいが、ライバルズ では「だいぼうぎょ」ではなく「大ぼうぎょ」である
  • 原作だと全てのダメージをほぼ1桁にする強力な防御特技だが、ライバルズ では意外にも +2/+2 という防御的とも言えないバフを与える
  • HP15以下だったらにおうだちを付与するあたりに防御要素があるのだろうか

カード評価

  • コスト2で+2/+2 のバフ
  • HP15以下という条件を満たしたら「におうだち」も付与できる
  • 一応、敵ユニットに使用する事も可能。緊急状態で敵ユニットを「アンルシア」圏内にしたい場合など、やむをえず使用する事もできる
  • 上振れを考えるならば1T目に「モーモン」や「ことだまつかい」などの強力なユニットを置き、次ターンにこのカードで強化すれば2T目に 4/4 で攻撃するという恐ろしい動きも可能
  • 下振れを考えるならば盤面にユニットがおらずそもそも使う事ができず手札で腐るという危険性がある
  • 盤面にユニットさえいれば有利トレードなどに利用しテンポを取る事ができる
  • 多少安定性は欠けるが、低コストなので他カードとも組み合わせて使いやすい癖のないカードである
  • 戦士のコスト2のバフとしては「邪王炎殺拳」こと「凌駕する力」がある
  • あちらは反撃を受けなくなるので有利トレードという観点では一歩勝るが、スタッツ上昇値はこのカードが大きく上回る
  • また、「凌駕する力」と違い敵ユニットが場にいなくても気軽に使っていける点で優位がある

闘技場での評価

  • テンポの取り合いが激しい闘技場では盤面にユニットを残す事は難しい
  • そのためバフをかける相手がおらず手札で腐るといったリスクもある

シナジー、コンボ

  • なし

使われるデッキ

  • アグロテリー

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2018/11/10 記事掲載