DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

ライアン

TOP > 勇気の英雄譚

f:id:InvokeTwoA:20181104133158p:plain f:id:InvokeTwoA:20181122010247p:plain

入手法

  • 勇気の英雄譚戦士のレジェンドカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 3000
  • 分解すると700の錬金石が手に入る。プレミア版ならば2400の錬金石が手に入る

カード情報1

ライアン
フレーバーテキスト(ノーマル) バトランドの王宮騎士。無骨で実直な人柄と己の肉体と剣技のみで魔物に立ち向かう姿は多くの人々から慕われた。
フレーバーテキスト(プレミアム) ぐれた人格の持ち主で
量とパワーを兼ね備えた
くましい肉体の戦士。
に従えた可愛い魔物と
々の困難を乗り越えた。
カード元ネタ情報 【ライアン】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
cv 杉田智和
ホイミン
フレーバーテキスト(ノーマル) 人間にあこがれて人間の手助けを望む暖かい心を持った魔物。彼を受け入れた戦士への感謝の想いを持ち続ける。
フレーバーテキスト(プレミアム) 「ねえ にんげんの  なかまになったら にんげんになれるかなぁ? ぼくをなかまにしてよっ」 そう言う瞳は澄んでいた。
カード元ネタ情報 【ホイミン】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

カード情報2

  • ドラクエ4第1章主人公が参戦
  • 原作再現でホイミンを連れている
  • ホイミンも他のホイミスライムとは一味違う感じになっていて、ファンを喜ばせた
  • 勇気の英雄譚で初回に紹介されたレジェンドカードでもある

セリフなど

ドラプロGAME様がボイス動画をまとめてくださいました。

youtu.be

カード評価

  • 9/3/7 貫通 + 2/1/3 ホイミスライム召喚
  • ライアン自身を後列に召喚するとホイミンが召喚されない為、よほどの理由がない限り前列に召喚したい
  • ↑「ホイミンが本体」と言われるほど「ホイミン」は重要
  • 味方リーダーが攻撃するたびにコストが減る
  • ↑その為「さんぞくのサーベル」「はやぶさの剣」など攻撃回数を稼げる武器と相性が良い
  • ↑「エビルスピリッツ」の攻撃などでも攻撃回数を稼ぐ事ができる
  • 攻撃回数が多い=戦士自身の被ダメージも増えるのでホイミンの回復効果がありがたい
  • ホイミンはライアンが場にいる限り無敵、且つターン終了時に味方をランダムで3点回復
  • また、結構忘れられやすいが「ライアン」は貫通能力を持っている
  • 対戦相手としては「ホイミン」は放置しづらいユニットだが、先にライアンを倒さなければならないという難題を抱える事になる
  • カード1枚で死亡数を2以上稼げる為、「ダークドレアム」との相性も悪くない
  • コンセプトデッキでなければコストが高すぎて割りに合わない事も多いので、リーダー攻撃回数を稼げるデッキで採用される
  • ちなみにホイミンのダメージ無効条件はライアンが場にいる事であり、配置などは自由となっている
  • ↑その為「キメラ」などでライアンとホイミンの位置を入れ替えれば「無敵なホイミンに守られたライアン」という原作プレイ者ならば感動するロマンコンボが成立する
  • 「ホイミン」はダメージに対しては無敵だが、「ザキ」などの確定除去の前には無力なので過信は禁物
  • また、魔剣士が得意とする -3/-3 などの弱体効果に対しても弱いので注意
  • 現在では「ミラクルデボラ」で主に採用されている
  • ナーフされて殆ど見かけなくなったが、「レックステリー」でも重宝されていた

闘技場での評価

  • 優秀なレジェンドだが、武器がなければ流石にコストを2〜3下げるのが限界となる
  • 高コストユニットの場合、それだけでリスクになるのでピックするかどうかはデッキと要相談

シナジー、コンボ

キメラ  「ライアン」と「ホイミン」の位置を入れ替えることで、無敵なホイミンをライアンの前に出せる
エビルスピリッツ エビルスピリッツ」の攻撃回数で「ライアン」の召喚コストが低くなる

使われるデッキ

パッチ修正

  • なし

記事更新履歴

2019/11/5 フレーバーテキスト(プレミアム)を追記。コメントより情報提供ありがとうございました。
2019/11/4 記事更新。フレーバーテキスト(ノーマル)を追記
2018/11/20 エビルスピリッツ」とのコンボを追加
2018/11/4 記事掲載