DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

ドラゴン

TOP > スタンダード

f:id:InvokeTwoA:20181102160238p:plain

入手法

  • スタンダードの共通のレジェンドカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 3000
  • 分解すると700の錬金石が手に入る。プレミア版ならば2400の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル)
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【ドラゴン】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
cv

カード情報2

  • ドラゴンクエスト1から登場する、シリーズを象徴するモンスター
  • レジェンドとして登場したものの、「最弱レジェンド」と勇者杯・夏でちょもす氏にネタ扱いされていた

(新弾が系統シナジーを活かせると言う情報が解禁され、「じゃあついにあの、最弱レジェンドとネタにされていたカードに使い道が」「はい!」と言う感じのやりとり)

  • 原作再現で、このドラゴンを倒すと「王女の愛」が手に入る

カード評価

  • 3/5/4 の巨大スタッツ
  • コスト3帯で長く最強スタッツだったが、モンスターもりもり物語で「パペットマン」と言うライバルが現れてしまった
  • 3/5/4 でドラゴン系シナジーまで使える
  • こうして良いところだけを書くと凄まじいカードパワーを秘めている
  • 問題は死亡時に対戦相手に「王女の愛」を渡してしまう点
  • 特に相手が戦士魔法使いならば、テンションスキルで3点ダメージを食らう事が確定するようなものなので、MP1で3ダメージを取られてしまう
  • そのため両リーダーが対戦相手だと召喚してもあっさり討ち取られてしまい、逆にテンポロスになると言う大きなリスクがある
  • また、両リーダーが対戦相手でなくても「王女の愛」を引かせてしまうデメリットは大きい
  • 採用するとしたら、アグロデッキならば相手に「王女の愛」を使わせる暇もないほどの猛攻を仕掛ければデメリットをなくせなくもない
  • ドラゴン系デッキだと、現状ではアグロよりのドラゴンカードが少ないため採用しづらい
  • ドラゴンミネア」ではコスト3では「バルンバ」を出した方が安定感が強いとされている
  • ドラゴンククールでも、死亡時効果で相手にメリットをプレゼントしてしまうこのカードではドラゴン復活と相性がよろしくない
  • ドラゴン系のパワフルバッジ持ちの殆どがコスト3であるため、どうしても3Tの動きで競合してしまうのが実に惜しい
  • とはいえ高スタッツを活かすためには早いターンに出すほどバリューが上がるので、4T目にこのカードを出しても普通にトレードされてしまうリスクがあるので活かせない
  • 一応、「ずしおうまる」「ヒッポキング」「ヒポせんし」など相手がテンションを上げることで強力となるモンスターが増えたのは追い風
  • 「はえおとこ」と共に採用し、相手のテンションを上げつつ戦うアグロデッキでの採用が見込めるようになった

闘技場での評価

  • 相手に「王女の愛」を引かせるデメリットが大きいため、他のレジェンドをピックした方が無難

シナジー、コンボ

「ずしおうまる」「ヒッポキング」「ヒポせんし」 相手に「王女の愛」を使われてもロスを軽減できる
デスタムーア 相手にテンションを上げさせない=「王女の愛」を使わせない

使われるデッキ

  • 「ずしおうまる」など搭載した相手のテンションを上げつつ攻めるアグロデッキ
  • アグロ系ドラゴンデッキ

パッチ修正

  • なし

セリフなど

なし

記事更新履歴

2018/10/1 記事掲載