DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

ラーミア

TOP > 不死鳥と大地の命動

f:id:InvokeTwoA:20181023170107p:plain

入手法

  • 不死鳥と大地の命動の共通のレジェンドカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 3000
  • 分解すると700の錬金石が手に入る。プレミア版ならば2400の錬金石が手に入る

カード情報1

ラーミア
フレーバーテキスト(ノーマル) 6つのオーブを捧げると復活する伝説の不死鳥。レイアムランドの祠で卵が双子の巫女により大切に守られていた
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【ラーミア】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
cv
シルバーオーブ
フレーバーテキスト(ノーマル) ラーミア復活のために必要な銀色に輝く宝玉。ネクロコンドのほこらにたどり着いた勇者ロトが賢者からもらい受けた。
フレーバーテキスト(プレミアム)
レッドオーブ
フレーバーテキスト(ノーマル) ラーミア復活のために必要な赤色に輝く宝玉。海賊の家の隠し階段を下った先の宝箱の中から勇者ロトが発見した
フレーバーテキスト(プレミアム)
イエローオーブ
フレーバーテキスト(ノーマル) ラーミア復活のために必要な黄色に輝く宝玉。勇者ロトと共に冒険し夢のために別れた商人が購入しロトにゆずった。
フレーバーテキスト(プレミアム)
パープルオーブ
フレーバーテキスト(ノーマル) ラーミア復活のために必要な紫色に輝く宝玉。やまたのおろちを退治した勇者ロトがつづらの中から手に入れた。
フレーバーテキスト(プレミアム)
ブルーオーブ
フレーバーテキスト(ノーマル) ラーミア復活のために必要な青色に輝く宝玉。ちきゅうのへその試練に挑んだ冒険者がその奥地で手に入れた
フレーバーテキスト(プレミアム)
グリーンオーブ
フレーバーテキスト(ノーマル) ラーミア復活のために必要な緑色に輝く宝玉。滅びの村のテントで牢獄の囚人から勇者ロトに託された。
フレーバーテキスト(プレミアム)

カード情報2

  • 不死鳥と大地の命動のタイトルにもなっている、目玉カード
  • ライバルズ で初めて実装された特殊勝利カードである
  • 原作再現で、なんとドラクエ3でのラーミア復活の名シーンが再現される
  • また、特殊勝利の際に流れる専用BGMはドラゴンクエストシリーズ屈指の名曲「おおぞらをとぶ」である
  • リリース当初はロマンカードとされ採用率が低かったが、モンスターもりもり物語ではスライムを軸とした武闘家デッキで見かけるようになった
  • 初代勇者TAKEcake氏はスライムラーミアデッキで勇者杯・秋の予選を勝ち抜いた

カード評価

  • 2/0/1 しかし召喚した瞬間に本体はいなくなるため、0/1 のスタッツを見る事は殆どない
  • ↑「変化の杖」などで変化した場合に、ごくまれに見る事ができる
  • このカードを召喚した瞬間、ラーミアは消え去り自身のデッキに6枚のオーブを加える
  • デッキに加わる位置は完全にランダムである
  • そもそも盤面がユニットで埋まっていた場合、ラーミアを召喚する事ができないので注意
  • オーブはそれぞれ「やまびこのさとり」などを使用しても「コピーできなかった」と表示され、コピー不可能
  • また、「ダークドレアム」などの地形破壊の影響も受ける事はない
  • 6枚のオーブを使用したらその場でゲーム勝利となる
  • 最後のオーブを使用した時もドローは発生するので、デッキアウトによるダメージに注意しよう
  • ↑デッキアウトのダメージで死亡した場合、特殊勝利演出の後に敗北と表示される(アップデートにより「引き分け」と表示されるようになり、両者が敗北扱いになった)
  • ライバルズ 史上もっとも癖のあるカードであり、基本的に専用構築での採用となる
  • 条件がシビアな事から最速でも8,9ターンはかかる。そのためコントロール寄りのデッキでの採用となる
  • 基本的にドローカードを大量に詰め込んだ型での採用が多いが、稀にコントロールデッキにリソース勝利も見込めるよう採用される事もある
  • また、レアケースだが「ジャックポッター」を軸としたミルデッキで、自身のデッキが枯渇しないようにとラーミアを採用する事もある
  • オーブは全てで6枚。コストを下げなければ 12MPが必要となる
  • 武闘家の「無念無想」を使った場合、ちょうど4MP+1MP×6でMP10あれば1ターンでオーブを全て使用する事も可能となる
  • オーブは手札が10枚以上の時にドローしたり、「だんごスライム」の能力などで捨ててしまえば二度と手に入らない。その場合はラーミアによる特殊勝利が不可能になる
  • 現状ではラーミアは主に四つのタイプで使われる
スライムラーミアアリーナ スライム系パワフルバッジにより、回復&テンション加速が強力
ラーミアミネア テンションスキル「水晶占い」や「天啓の聖域」により確定サーチでの早期達成。公式曰く、「ベビーゴイル」がメタカード
ぱふぱふラーミア 魔法使いが「ぱふぱふ」を「やまびこのさとり」でコピーし、何ターンも動きを止めてラーミアを達成する
ラーミアピサロ ユニットを大量に捧げてカードドロー
  • その性質から、コントロールデッキに対して非常に強力なカードとなっている
  • 一方で、アグロデッキの猛攻からどう身を守るかが課題となっている
  • ラーミアを使うメリットとして対戦相手のHPを全く減らす必要がない事が挙げられる
  • そのため回復コンボなどを主軸とした僧侶では、HPを減らしてくれないので非常に戦いづらい相手となる
  • しかし相手にHPの余裕を与える事は攻撃へ専念させてしまう事にも繋がるので、相手のHPを0にして勝つプランも両立したデッキも存在する

闘技場での評価

  • 癖があるレジェンドなのでピックしない方が良い
  • しかし難易度が高いからこそ勝利をした時は多くの称賛を受ける、闘技場の花形カードでもある

シナジー、コンボ

使われるデッキ

パッチ修正

  • なし

セリフなど

ときは きたれり。
いまこそ めざめるとき。
おおぞらは おまえのもの。
まいあがれ そらたかく!

記事更新履歴

2018/10/23 記事掲載