DQR WIKI 〜ドラゴンクエストライバルズ wiki〜

ドラゴンクエストライバルズ wiki です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

ホメロス

TOP > 不死鳥と大地の命動

f:id:InvokeTwoA:20180924145433p:plain

入手法

  • 不死鳥と大地の命動の魔剣士のレジェンドカード
  • カード錬金に必要な錬金石は 3000
  • 分解すると700の錬金石が手に入る。プレミア版ならば2400の錬金石が手に入る

カード情報1

フレーバーテキスト(ノーマル) グレイグと並び称されるデルカダール王国の将軍。目的の達成のためには手段を選ばず冷酷な本性が見え隠れする
フレーバーテキスト(プレミアム)
カード元ネタ情報 【ホメロス】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*
cv 櫻井孝宏

カード情報2

  • ドラゴンクエスト11から登場
  • ライバルズ で初めて声がついた
  • キャラ人気と声優人気が共に凄く、女性陣から圧倒的な人気を誇る
  • そしてライバルズ 1周年を記念したカード人気投票イベントで、初日の結果速報で堂々の1位だった
  • 不死鳥と大地の命動のリリース時にはレジェンドでありながらあまり見かけないカードだった
  • しかし「モンスターもりもり物語]」で「オルゴ・デミーラ」などの強力な死亡時効果を持つユニットが登場し、かなり評価を上げたカードである
  • カード人気投票で1位となり、新イラストがゲーム内に実装された。カードイラストの詳細はこちら

カード評価

  • 6/4/3 の低めなスタッツ
  • 特に魔法使いや戦士相手にテンションスキルで討ち取られてしまうのは少し不安なHPである
  • しかしながら特筆すべきはその召喚時能力
  • 「体力2以下のユニットを味方にする」という永続的なコントロール奪取である
  • 「HP2以下」は最大HPに関係なく現在HPを参照するので、どんな大型ユニットであろうと弱らせれば永続的にコントロールを得る事ができる
  • そのため、特に「死亡時効果」を持つユニットを奪うと効果が高い
  • 「りゅうおう」や「オルゴ・デミーラ」を奪えた時のアドバンテージは凄まじい
  • また、「はぐれメタル」など速攻を持つユニットを味方にした場合も、即そのユニットで攻撃できるので有用
  • デッキによっては不死鳥がごとく蘇る「サンディ」を奪えても効果的かもしれない
  • 死亡数を稼げるという点で「ダークドレアム」との相性も悪くない。また、相手に死亡数を稼がせないという地味に「ダークドレアム」対策にもなる
  • うまく能力が発動すれば強力だが、あまり強くないユニットを味方に引き入れた場合は少しカードパワーが弱い
  • 1/2 ユニットを奪った場合、「6コストを使って 4/3 と 1/2 を場に出し、相手の 1/2 を除去する」と同義
  • 悪くはないのだが互いにスタッツが低いため盤面観賞力が低い
  • また、HP2以下のユニットがいない場合はそもそも能力を発動できないというデメリットを持つ
  • 良くも悪くも上振れと下振れの差が激しく、ある程度環境によっていカードパワーが左右されるメタカードとも言える
  • 因縁の相手でもある「グレイグ」を奪えた場合は色々な意味で嬉しくなれる
  • メラゴースト」などを採用していれば細かい点数調整が楽となり、狙った相手ユニットを奪いやすくなる
  • 人間型なので勘違いされやすいが、「冒険者」ユニットではないので注意
  • レアケースだが「キーファ」のコントロールを奪った場合、「キーファ」が死亡した場合の特技カードを入手する事ができる。真のタネ泥棒はこのカードかもしれない

闘技場での評価

  • 闘技場では敵ユニットをHP2以下にする細かい点数調整が難しいので少し扱いづらいさは増す
  • しかし爆発力は非常にあるので、採用するかはお好みで

シナジー、コンボ

使われるデッキ

  • ランプピサロ

パッチ修正

  • なし

セリフなど

プレイ時(味方に「グレイグ」がいる) 「双頭の鷲に敵はいない。そうだろ、グレイグ
プレイ時(味方にウルノーガがいる) 「どこまでもお伴します……ウルノーガ様」
プレイ時(対戦相手にマルティナがいる) これはこれはマルティナ姫。はしたない真似をなされるな
攻撃時1 「虫けらめっ!」
死亡時1

ドラプロGAME様がまとめ動画をアップしてくださいました。

youtu.be

記事更新履歴

2018/11/2 カード人気投票1位の結果を反映
2018/10/16 キーファ」を奪った場合の挙動について追記
2018/10/9 ドラプロGAME様の特殊ボイスまとめ動画を掲載
2018/9/24 記事掲載