DQRA Blog 〜ドラゴンクエストライバルズ エース 攻略ブログ〜

ドラゴンクエストライバルズ エースの攻略ブログ です。カード評価やフレーバーテキスト、カードゲーム用語を載せています。お気軽にコメントいただけましたら幸いです。

流浪のヒューザ

TOP > 英雄たちの凱旋ライバルズ 界のるろうに剣心、ヒューザが再登場。 演出がかっこいい。

フォステイル

TOP > 英雄たちの凱旋ライバルズ初の時間移動ユニット。 テンションスキルを発動し続けていればずっと時間移動で死亡しない。

女盗賊ゲルダ

TOP > 英雄たちの凱旋レジェンド捨てればダメージ無効!という贅沢で面白い能力。

大魔女バーバラ

TOP > 英雄たちの凱旋素晴らしいイラストでバーバラ再録。

大工の息子ハッサン

TOP > 英雄たちの凱旋ハッサン再登場。 大工の再現で建物をデッキから場に出せる!

アモス

TOP > 英雄たちの凱旋色々なプレイヤーに衝撃的な結末を与えたアモスさんが登場。 こんなノリノリで変身するシーンを見れる日が来るとは。

エマ

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア 幼馴染のゲマエマさんがまさかの盗賊レジェンドとして登場。 マルティナにとって泥棒猫だったから盗賊カードになった、とかではないはず。

フォズ大神官

TOP > 小さな希望のシンフォニーライバルズで転職ができる面白ユニット。 ナーフ前は「先3フォズ」と言う単語が流行るほど、先行3T目に置いた時は強力だった。

エステラ

TOP > モンスターもりもり物語今回のカードバランス調整のビジュアル担当。 冒険者&ドラゴンという奇跡のコラボレーションが実現できるカード。

フウラ

TOP > 破壊と創造のフロンティアドラクエ10より、可愛い枠で参戦。 いつかブスゴンとかも登場するのだろうか。 ↑同じカードパックで登場した!

宿王リッカ

TOP > 破壊と創造のフロンティアこれがライバルズの看板娘だ。

怪盗ポイックリン

TOP > 破壊と創造のフロンティアチリも残さずキレイに退散ですわっ!

運命の天使ラヴィエル

TOP > 破壊と創造のフロンティアう、美しい。 カード能力もとても面白い恵まれたカード。

マミムメモリー

TOP > 破壊と創造のフロンティア相変わらずのテンションアゲアゲおじさん。 決まれば強い、のカード。

イザヤール

TOP > 破壊と創造のフロンティアライバル界の天津飯、イザヤール。

踊り子マーニャ

TOP > 破壊と創造のフロンティアついにミネアから独立し、遊び放題となったマーニャ。

メルビン

TOP > 破壊と創造のフロンティアドラクエ貴重なおじいちゃん枠。強すぎてナーフされそうに見えるが、大丈夫か。

マヤ

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア速攻、2回攻撃、手札盗み(コピー)。 こいつはとんでもないパワーカードですが、可愛いので許さざるを得ないカード。

天才魔法使いベロニカ

TOP > 再会と誓いのロトゼタシアまさかの着ぐるみで再登場の「ベロニカ」さん。 イラスト評価S。氷塊と何気にシナジーが強い事が判明。(匿名様、コメントありがとうございます)

ラヴィエル

TOP > スタンダード美しいラヴィエルさん。 再登場はまだか!

ヤンガス

TOP > 光と闇の異聞録ついに待望のヤンガスが登場したでゲス。 ボイス付きの「〜でゲス」口調をつけるのはファンもとても嬉しい。

セレン

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア 本編プレイ済みの方ならばご存知の、 あの魚シーンを再現した能力で登場。魚雷コンボの威力はどうなるか。

ネネ

TOP > 光と闇の異聞録トルネコの嫁。 トルネコへの羨ましさが爆増するカード。

ハンフリー

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア「試合前にこのサイトを見ると、調子がいいんだ」

少年ヤンガス

TOP > 小さな希望のシンフォニー 少年時代のヤンガス。 ライバルズをプレイしながら「不思議のダンジョン」ぽさを楽しめる。

ニマ大師

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア ハンフリーが武闘家に来るという予想を覆し、ニマ大師が武闘家に登場。 武闘家の女冒険者は姉御が多い。

クロウズ

TOP > 勇気の英雄譚銀タロ兄さん事、クロウズさん。 今のミネアデッキで欠かせない存在。

決意の聖賢セーニャ

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア短髪のセーニャ。 一人で回復コンボの主軸まで担当できる。長髪verとの声の演じ分けも凄い。

魅惑のマルティナ

TOP > 再会と誓いのロトゼタシアランダム縦ダメージ再び。 今度の「マルティナ」さんは当てられるだろうか。

ファーリス王子

TOP > 再会と誓いのロトゼタシア「ブロック」という言葉がカードテキスト内で初めて使われたカード。 土下座王子というニックネームから、更に「笑い袋王子」のニックネームも獲得。